• <menu id="mwusk"><tt id="mwusk"></tt></menu>
    <menu id="mwusk"></menu>
  • <menu id="mwusk"></menu>
    <nav id="mwusk"><strong id="mwusk"></strong></nav>

    Go to content Go to navigation Go to search Change language

    ホーム>作品と宮殿>コレクションと學蕓部門>イスラム美術

    コレクションと學蕓部門 イスラム美術部門

    イスラム美術部門は、ヴィスコンティの中庭の新しい展示室での2012年のオープンに向け、現在は閉鎖されています。この新しいスペースには、1300年の歴史と、スペインから東南アジアまで、3つの大陸に由來する作品が3,000點近く展示される予定です。

     

    リストに戻る

    ルーヴルの一番新しい美術部門

    2003年、ルーヴル美術館は8つ目の美術部門として、イスラム美術部門を作りました。14,000點の所蔵作品に、裝飾美術館から寄託された3,500點の作品が加わりました。
    イスラム美術のコレクションは、イスラムの地の蕓術制作の豊かさと多彩さを見せてくれます。

    1893年、ルーヴル美術館に「イスラム美術」セクションが作られました。そして、イスラム美術コレクション最初の展示室が、美術工蕓品部門の展示スペース內にオープンしました。さらに、ガストン?ミジョンとエミール?モリニエという2人の學蕓員により、コレクションは著しく充実します。
    1912年のドロール?ド?グレオン男爵夫人の遺贈により、男爵のコレクションからの素晴らしいオブジェがルーヴルのコレクションに加わり、1922年に時計のパヴィリオンに「ドロール?ド?グレオン」展示室がオープンすることになりました。

    1932年に、アジア美術部門が作られ、イスラム美術コレクションはこの部門の付屬となりました。第二次世界大戦後の1945年、極東の作品がギメ美術館に移送され、イスラム美術のセクションは古代オリエント美術部門に入ります。作品は時計のパヴィリオンのラ?シャペル展示室に置かれ、続いて古代オリエント美術のコースの最後にある2つの展示室に置かれました。
    1993年、大ルーヴル計畫により、財務省がリシュリュー翼から立ち退いたことにより、コレクションは1,000㎡の美術館スペースに展開します。

    イスラム美術部門の新しい展示室として、ファサードを修復したヴィスコンティの中庭に3,000㎡の展示スペースを建設しています。プロジェクトは、2人の建築家、リュディ?リチオッティ氏とマリオ?ベリーニ氏が手がけ、美術館は、大ルーヴル計畫以來、最も大規模な工事に著手しました。流線形を描く繊細な金屬網で編みこまれた金色のガラス屋根「トンボの羽」を載せた寶石箱のようなこのスペースは、2012年にオープンします。

    コレクションの形成

    コレクションの歴史は、世界の歴史と美術趣味の歴史とに関係しています。フランス革命の翌日、1793年に中央美術館が創設された際、王立コレクションに由來するいくつかの作品が、最初のイスラム美術作品としてルーヴルに入りました。その中には、《聖ルイ王の洗禮盤》の名で知られる、14世紀にシリアで制作された象嵌真鍮の盥や、ルイ14世が所有していたオスマン帝國の翡翠の杯などがあります。さらに、11世紀初頭のエジプトで制作された天然水晶製水差しなど、サン=ドニ王立修道院からの作品が加わります。

    19世紀最後の10年から、第一次世界大戦までの間に、パリはイスラム美術コレクションの主要な形成地となります。イスラム美術愛好家と蒐集家により、ルーヴルは多くの美しい作品を取得しました。(シャルル?ピエ=ラトドゥリにより遺贈された鴨の裝飾の蝋臺や、ドロール?ド?グレオン家の遺贈、ジョルジュ?マルトーのコレクションに由來するムガール帝國の細密畫など)

    こうして、コレクションが拡大していく中で、アル=ムギラの小箱や、通稱?マントの?絨毯、通稱バルベリーニの壺、デュフティ夫人から購入したムガール帝國の細密畫などの新規購入により、さらに充実していきます。
    第一次世界大戦後は、コレクション拡張の動きは緩やかになるものの、ルーヴルは大規模な寄贈を受け続けます。1922年には、ロッチルド?コレクションが遺贈され、1932年には、《孔雀の大皿》を含むコクラン夫妻からの遺贈を受けます。

    ルーヴル美術館におけるコレクションの展示

    新しいイスラム美術部門の展示室スペースでは、裝飾美術、オブジェ、細密畫、絨毯、建築のエレメントなど、7世紀のイスラム起源から19世紀初頭までの美術作品をパノラマでお見せします。
    異文化との対峙や、イスラム世界の地方間での恒常的な交易を前面に出します。見學のコースをたどることにより、イスラム美術の均一性だけでなく、イスラム美術がどういうものなのかがすぐにわかるようになります。また、共通のテーマで數世紀にわたり続いてきた制作の極みをご紹介します。
    新規取得の方針とパリの裝飾美術館からの大規模な寄託により、マグレブやムガール帝國時代のインドなど、これまで作品が少なかった分野のコレクションが充実しました。こうして、最後のイスラム大帝國の蕓術を完全なパノラマでお見せできることになります。

    來館情報

    ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール?カレは、新たな通達があるまで休館?休園いたします。
    美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に當たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
    なお、返金処理數が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
    ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    チケットを購入する


    澳门六开彩开奖结果2020