• <menu id="mwusk"><tt id="mwusk"></tt></menu>
    <menu id="mwusk"></menu>
  • <menu id="mwusk"></menu>
    <nav id="mwusk"><strong id="mwusk"></strong></nav>

    Go to content Go to navigation Go to search Change language

    ホーム>作品と宮殿>コレクションと學蕓部門>古代オリエント美術

    コレクションと學蕓部門 古代オリエント美術部門

    古代オリエント部門のコレクションは、先史時代からイスラム教の到來までの9千年に及ぶ歴史と、北アフリカからインダス川、中央アジアまで、黒海(アナトリア)から(インド洋までの)アラビア半島までの広大な地域に及びます。

    リストに戻る

    コレクションの形成

    19世紀、西アジアでは、聖書の地でヨーロッパ文化の源を探そうと、フランスの外交官や碩學が発掘調査を行っていました。古代オリエント美術部門のコレクションの形成は、この発掘調査の際に発見された品々に由來します。

    モスルのフランス領事ポール=エミール?ボッタが、ホルサバード遺跡で発見した巨大な淺浮彫37點をもって、1847年、世界初の「アッシリア美術館」がルーヴルで誕生し、「古代美術部門」の管轄となりました。

    ほどなくして、F.ド?ソルシーが、古代パレスチナ?ユダヤ美術を持ち帰り、次いで、リビアのルナン使節団がフェニキア?コレクションの核を作り上げ、M.ド?ヴォグエが最初のキプロス?コレクションを持ち帰りました。

    バスラのフランス副領事E.ド?サルゼックが古代メソポタミアのテロー遺跡で発見したシュメールの品々をフランスに屆けたことが、1881年の「古代オリエント美術部門」の創設を決定付けました。古代イランの文明は、紀元前4千年頃に作られた都市スーサでの発掘調査で出土した品々により紹介されました。

    イスラム教の到來まで、メソポタミアとイラン內陸地域の文明と交流のあったスーサの文化的な豊かさは、ダレイオス1世とクセルクセスといったペルシア帝國の偉大な王たちの時代に最盛期を迎えました。1886年、M.デュラフォアが、ダレイオス1世の宮殿にあった極彩色の煉瓦で作られた建築裝飾の最初のエレメントを、ルーヴルに持ち帰りました。

    1901年には、ジャック?ド?モルガンの考古學調査団が、古代メソポタミアの象徴である記念碑《ハンムラビ法典》をスーサで発見しました。アッカド、シュメール、バビロニアのメソポタミア彫刻もこの時に発見されています。

    考古學者であり文獻學者であったテュロー?ダンジャンは、20世紀初頭、シュメール語の解読に専心していました。彼の名は、古代オリエント美術部門の碑文コレクションの創設の歴史に結び付けられました。ラタキア(ウガリット)でC.シェフェールが行った発掘と、マリでA.パロが1933年から74年まで行った発掘により、2つの戦爭の間の期間には、非常に多くの作品が収蔵されました。1968年から72年まで、パロは、ルーヴルで學蕓員としての職務を続けながら発掘作業を行っていました。後に彼は、ルーヴルの館長となります。

    エルサレムの聖書學學院が、テル?エル?ファラで行った発掘調査により出土した非常に多くの古代キプロス(エンコミ)の作品が、1960年代までコレクションを豊かにしていきました。また様々な寄贈や購入により、多くの作品がコレクションに加わりました。アナトリア、ポエニ、アラビア半島南部の作品に関しては、國立図書館とフランス學士院からの寄託を受けました。1900年頃にL.ド?クレルクが作り、1967年にH.ド?ボワジュランによりルーヴルに贈られたコレクションや、1958年に取得したロレスターンのブロンズ作品で構成されるJ.コワファールのコレクションなど、個人の大型コレクションも、ルーヴルの既存のコレクションに加わったり、また新しいコレクションを作り上げたりしました。

    さらに、ここ數十年での様々な新規取得により、コレクションは中央アジアまで広がりました。

    テル?メスケ(エマル)で埋沒文化財保護を目的として行われた発掘調査により、1980年、最後の作品群がルーヴルのコレクションに入りました。今日では、コレクションの充実は、主に、寄託の形をとったパートナーシップ契約によるものとなりました。1997年には、ヨルダンとの合意により、紀元前7千年頃にアイン?ガザルで作られた漆喰像が、古代オリエント美術コレクションに入り、ルーヴルで最も古い主要作品となりました。

    コレクションの紹介

    古代オリエント美術部門では、3つの大きな地理的文化的區分(①古代メソポタミア、②中央アジアまでのイラン世界、③ユーフラテス西側地域:キプロスを含む地中海沿岸地方レヴァント、アナトリア、アラビア半島、北アフリカ)に従い作品を展示しています。

    コレクションは非常に豊かで多彩であるため、作品は、地理的區分の中で時代順に展示されており、歴史的アプローチからの見學をすることができます。

    リシュリュー翼がルーヴル美術館に帰屬したことにより、古代オリエント美術部門の展示方法が再編成されました。再編成の第1段階として、1993年、シュメール作品展示室、《ハンムラビ法典》、ホルサバードの中庭で構成される、メソポタミア全體を巡る見學コース(展示室1から6)が、また、イラン作品の見學コースのスタート地點(展示室7から10)がリシュリュー翼で完成しました。同年オープンしたクール?カレの西翼では、起源から1千年紀初頭のフェニキア時代までのレヴァントとキプロスの見學コース(展示室AからD)が展開されています。

    再編成の第2段階として、寛大なメセナにより、クール?カレ北翼の大規模な改裝工事が行われ、1997年にオープンしたこのスペースは、「古代オリエント美術のサックラー翼」と呼ばれることになりました。この翼の西側部分では、鉄器時代(紀元前1千年紀)のコレクションや、スーサにあったダレイオス1世の宮殿やパルティア帝國、ササン朝を喚起させる作品群で構成されるイランの見學コースが続きます。北翼の一部には、アレクサンドル大王の征服までの後期レヴァントの展示室があり、サイダの王の石棺などを展示しています。また、カルタゴや北アフリカに関連する作品群により、西方のフェニキア人の存在を紹介しています。

    北翼最後の展示室は、主にイエメンやホーランなど、イスラム以前のアラビア半島の文明(紀元前7世紀-紀元後3世紀)、またパルミラやドゥラ?エウロポスなどのシリアの隊商都市の作品に充てられています。そして、巨大な作品《アマトゥスの壺》を中心に構成された紀元前1千年紀のキプロスのコレクションが展示されています。

    再編成の第3段階として、ローマ時代の地中海東岸地方のコレクションを巡る、3つの古代美術部門の共同展示が予定されています。(2012年秋、ドゥノン翼)

     

    來館情報

    ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール?カレは、新たな通達があるまで休館?休園いたします。
    美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に當たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
    なお、返金処理數が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
    ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    チケットを購入する


    澳门六开彩开奖结果2020